HOME > ハウスプラスのサービス > すまい給付金関連

すまい給付金制度について

平成26年4月1日から段階的な消費税率の引上げが予定されています。「すまい給付金」とは、自らが居住する住宅の購入時にかかる消費税の負担を軽減するための措置として、引き上げ後の消費税率が適用される方に給付金が支払われる制度です。

【制度の概要】
すまい給付金制度事務局 ⇒ http://sumai-kyufu.jp/

概要の詳細 ⇒ pdf

  要件
新築住宅 住宅ローン利用
  1. 1. 住宅瑕疵担保責任保険に加入
  2. 2. 建設住宅性能表示制度を利用
  3. 3. 施工時等における住宅瑕疵担保責任保険法人による検査
現金購入 住宅ローン利用の必要書類に加えて
  1. 4. 現金取得者向け新築住宅対象住宅証明書の基準に適合
    (フラット35S(金利Bプラン)と同等基準)
  2. 5. フラット35S適合証明書の基準に適合
  3. 6. 長期優良住宅建築等計画認定通知書の取得
      (注意) 登録住宅性能評価機関が発行する「長期優良住宅建築等計画に
      係る技術的適合証」や建築士等が発行する「認定長期優良住宅建築証明
      書」等では申請できません。
中古住宅
※宅建業者が売主の
場合に限られます
住宅ローン利用
現金購入
  1. 7. 既存住宅売買瑕疵保険に加入
  2. 8. 既存住宅性能表示制度を利用(耐震等級1以上)
  3. 9. 新築時に住宅瑕疵担保責任保険に加入(10年以内)
  4. 10. 新築時に建設住宅性能表示制度を利用(10年以内)

ハウスプラスでは、「すまい給付金制度」の給付要件の一つである、「検査実施が確認できる書類」(上記要件を満たす)に関する以下のサービスを ご提供しております。是非、ご相談ください!!

新築住宅向け
  • 住宅瑕疵担保責任保険 ハウスプラス すまい保険
  • 住宅性能表示(建設住宅性能表示制度含む)
 
  • 住宅瑕疵担保責任保険法人検査実施確認書(通称:保険同等検査)
  • 現金取得者向け新築対象住宅証明書
中古住宅向け
  • 既存住宅販売かし保険
  • 既存住宅性能表示制度
 
ページTOPへ戻る
 
ハウスプラス住宅保証株式会社ハウスプラス確認検査株式会社

住宅性能表示既存住宅の検査住宅瑕疵担保責任保険長期優良住宅にかかる技術的審査
フラット35適合証明検査建築確認検査構造計算適合性判定
超高層建築物等の構造評定CASBEE評価認証業務超高層建築物等の構造特別評価木質構造試験・評価
ダウンロードコーナーアピールツールのご案内住宅履歴情報蓄積サービス