建築確認検査

業務案内

建築基準法の改正による確認検査業務の民間開放を受け、ハウスプラスでは平成13年9月7日付けで指定確認検査機関として国土交通大臣第9号の指定を受け、同日より業務を開始しております。 当社の確認検査業務概要については、以下の通りです。

業務区域 日本全域

【法第6条の3第1項ただし書に規定する審査(ルート2基準審査)について】
ハウスプラスは、特定構造計算基準及び特定増改築構造計算基準のうち、確認審査が比較的容易にできるものについて、
特定建築基準適合判定資格者である確認検査員(ルート2確認検査員)による審査が行えます。
なお、これにより構造計算適合性判定は不要となります。

確認検査対象建築物

全ての建築物、建築設備及び工作物。
(ただし、工作物については、建築基準法施行令第138条第1項及び第2項に限る。)

当社の特長

当社の特徴イメージ
  • 信頼性
    確認申請における「公正中立な実効性の確保」を目指し、社会的評価を築くことと、「安全・安心な建物の実現化」を目指し、お客様の信頼を築くよう努めます。
  • 迅速性
    確認申請・中間検査・完了検査を行います。経験豊かな技術陣が適確・迅速に処理するよう努めます。
  • 合理性
    確認検査、住宅性能表示、住宅金融支援機構融資住宅のそれぞれの設計審査・現場検査を総合的に捉え、効率的な業務運営を行っております。
  • 専門性
    長年、建築行政に携わった経験豊かな確認検査員と、建築設計業務の経験が十分な一級建築士等が、親切に対応します。
ページTOPへ戻る
 
ハウスプラス住宅保証株式会社ハウスプラス確認検査株式会社

住宅性能表示既存住宅の検査住宅瑕疵担保責任保険長期優良住宅にかかる技術的審査
フラット35適合証明検査建築確認検査構造計算適合性判定
超高層建築物等の構造評定CASBEE評価認証業務超高層建築物等の構造特別評価木質構造試験・評価
ダウンロードコーナーアピールツールのご案内住宅履歴情報蓄積サービス